2021年5月9日日曜日

エッジコントロール

  3×3キューブのエッジコントロールについてまとめます(随時情報の追記があるかもしれません)。

 記事を作った動機はエッジコントロールに使用する種々手順の自分用備忘録を作っておきたかったというところにあるので、メインに当たる内容は記事後半の発展編の部分ですが、エッジコントロール初学の方が読んでもわかるように念のため入門的な事柄から記載していきます。

目次

  • エッジコントロールとは?
  • 基礎知識:LLエッジの向き(EO)について
  • 入門編:スレッジハンマーによるエッジコントロール
  • 発展編:その他のエッジコントロール手順

エッジコントロールとは?

 エッジコントロールとは、「F2Lのソルブの最中にLLのエッジキューブの向きを意図的に操作(コントロール)する技術」のことです。
 F2Lのことだけを考えてF2Lを解くと、その後出現したOLLの回しやすさ/回しにくさに毎度一喜一憂することになりますが、これを完全に運任せにせずにある程度回しやすいOLLが出現するようにF2Lでの使用手順・スロットインの仕方を工夫しようというのがエッジコントロールの発想です。

 広くはF2L#1~#4の最中に行うLLエッジの向き操作全般を指してエッジコントロールと呼びますが、スピードキュービングでの実用上はlast slotのソルブ時にLLエッジの向き操作を行うことがほとんどです(少なくとも私レベル(official avg. 11.89)のソルブでは。)。この記事でもlast slotでのエッジコントロールについてのみ扱います。

 エッジコントロールの使用が特に有効な場面は以下の2つです。
  1. ドットOLL(エッジ全反転OLL)を回避する。
  2. 十字OLLが出るようにする。

 上記1,2はともに、OLLを全て覚えて終わっていない人にとって有効であるのはもちろんのこと、OLLを57種類全て覚えている人にとっても十分有効です。それは、ドットOLLには手順が回しにくいものが多い/十字OLLには手順が回しやすいものが多いからです。
 まだOLLを全て覚え終わっていない方がエッジコントロールを習得したとしても、後々捨てる技術になることはないので、sub ~30くらいの実力の方がOLLの手順暗記と並行してエッジコントロールを習得するのは十分アリな選択だと思います(特にこの記事の入門編で扱っているくらいの内容は。)。

基礎知識:LLエッジの向き(EO)について

 LLエッジのEOについてはplusさんの記事などで既に解説されていますが、この記事でも概要を述べておきます。

 ルービックキューブのパーツには"位置"と"向き"の2つの要素があります。各LLエッジパーツの向き(edge orientation、以下 EO)の"正しい/正しくない"を以下のように定めます。
  • LLエッジパーツが上から1段目にあるとき
    • U面色がU面にあれば、そのパーツのEOは"正しい"
    • U面色がU面になければ、そのパーツのEOは"正しくない(反転している)"
  • LLエッジパーツが上から2段目にあるとき
    • U面色がF面orB面にあれば、そのパーツのEOは"正しい"
    • U面色がR面orL面にあれば、そのパーツのEOは"正しくない(反転している)"
 字面だけから読み取るよりも以下の図を見てもらったほうが早いでしょう。

LLエッジEOの"正しい/正しくない"の例


 そして、LLエッジのEOには以下のような特徴があります。
  1. U,R,L面の回転では、LLエッジのEOは変わらない。
  2. F,B面の90°回転に奇数回巻き込まれると、そのLLエッジのEOが変わる。
  3. LLエッジが上から1段目にあるとき、y持ち替えではEOは変わらない。
  4. LLエッジが上から2段目にあるとき、yの90°持ち替えをするとEOが変わる。
 上にあげた4つの特徴のうち、特徴1.がエッジコントロールの発想の根幹に関わっています。持ち替え無しの基本的なF2LはR(L)面とU面しか回さないので、F2Lが終わったあとにエッジが何個反転しているOLLになるかはlast slotのF2L手順を回す前から予想できます。
 ここで、主に特徴2.(+ 稀に特徴4.)を利用してlast slotのF2Lの入れ方を工夫し、少しでも都合の良いOLLが出るようにLLエッジのEOを操作しようというのがエッジコントロールの発想です。


入門編:スレッジハンマーによるエッジコントロール

  エッジコントロールの最も基本的なもの(なおかつ最も効果的で使用頻度の高いもの)は、F2L#4を"I化"("IT化"のうち"I"のパターンに帰着するもの)した後、それをスレッジハンマーと呼ばれる手順(R' F R F')でスロットインするものです。

R' F R F'

 スレッジハンマーによるスロットインが有効なのは次に挙げる2つの場合です。
  1. U面にある3つのLLエッジが全て反転しているとき
     この場合、普通にU R U' R'とスロットインするとドットOLLが出現しますが、スレッジハンマーでスロットインすることでこれを回避し、エッジがL型のOLLにすることができます。
    ドットOLLを回避するエッジコントロール

  2. ULとUBにあるLLエッジの向きが正しく、UFにあるLLエッジの向きが反転しているとき
     要するに、U面色のエッジがU面に"9時"の形を作っている場合です。この場合、普通にU R U' R'とスロットインするとI型のOLLが出現しますが、スレッジハンマーでスロットインすると十字型のOLLにすることができます。
    十字OLLを作るエッジコントロール
 

 LLエッジのEO上の1, 2以外の関係になっている場合は、普通に R U R' U' と回してスロットインするのが私としてはおすすめです。
 他のEOのパターンでもOLLを十字にする手順があるにはあります(いわゆるVHLS)が、手数が長いため回しやすいOLLが出るメリットと相殺してしまい、微妙なところです。


 エッジコントロールの手順を適用するかどうかを判断する際に留意しておいてほしいのは、スロットイン前に last slot に入っているLLエッジの向きは見る必要がないという点です。
エッジコントロールの判断時に確認すべきパーツ

 スロットイン前にU面に出ている3つのLLエッジのEO(=U面に黄色エッジが作っている模様)だけで、エッジコントロール手順の適用可否を判断できます。
 
 ※その理由は、ルービックキューブのエッジパーツの向きは12個中11個までしか独立に決められないためです。①クロスエッジ4つが揃っている,②他の3つのF2Lが既にスロットインされている,③最後の1つのF2Lが既にU R U' R'でそろう状態にセットアップされている,④U面に出ている3つのLLエッジのEOの情報が手に入っている、という条件下では、4+3+1+3=11個のエッジのEOの情報が既に手に入っていることになるので、残り1つのエッジの向きはわざわざ確認する必要がないというわけです。
 

 また、エッジコントロールの判断はF2LをI化した後でないとできないのかというとそういうわけではなく、F2L#4の手順を回し始める前から判断できることも多くあります。
 例を2つほど見てみましょう。
  • 例1 (スクランブル F2 D2 L' F2 L D2 F2 z2)
 F2L#4のIT化はまだの状態です。しかし、U面に出ている3つのLLエッジの向きがすべて正しいので、このまま普通にIT化してスロットインすれば十字のOLLが出現する(すなわち、エッジコントロールとしてスレッジハンマーを使ったスロットインをする必要はない)ことがこの時点でわかります。
 したがって、この場合は普通にU' R U2 R' U2 R U' R' とスロットインすればよいです。

  • 例2(スクランブル L D L R' U B U' L2 R z2)
 例1と同様にF2L#4のIT化はまだの状態ですが、U面にある3つのLLエッジがすべて反転しているので、このまま基本手順でスロットインするとドットOLLが出現することがわかります。
 ドットOLLを避けるため、この場合はスレッジハンマーを利用したエッジコントロールを使ってU R U' R' U' R U' R'2 F R F' とスロットインするとよいです。


 
 ここまではF2L#4がU R U' R'でスロットインできる形になった場合について扱ってきましたが、左右が反転した形であるU' L' U Lでスロットインできる形でも同様にエッジコントロールができます。
 左手のスレッジハンマー手順はL F' L' Fですが、利き手と逆で回しにくいと感じた場合は少し角度を変えてRw U' Rw' Fというように回すと多少回しやすいかもしれません。
L F' L' F
or
Rw U' Rw' F


 また、I型のF2Lではこのように簡単にエッジコントロールができるのであれば、T型の場合はどうなのかと思う方もいるかもしれません。
 しかし残念ながら、T型の場合についてはあまり良いエッジコントロールの方法は知られていません。
 例えば下表内の図の状態からドットOLLを回避しに行くのであれば、例えば下表中に記載されている手順を回す方法が知られていますが、手数がかさむためドットOLLを回避するメリットが薄れてしまい微妙です。
R U' R' U2 R' F R F'

※あまりお勧めしない
 F2L#4がT型になった場合は、エッジコントロールのことは考えずに素直にスロットインするのがよいと思います。 



発展編:その他のエッジコントロール手順

 I型からのスレッジハンマー適用ではない、発展的なエッジコントロールを列挙していきます。私自身の覚書としての意味合いが強いです。

  • 両埋没型
 F2L#4のエッジパーツとコーナーパーツが両方埋没しているパターンです。
 この場合はスロットとU面のLLエッジの位置関係を好きに変えられるので、正味のLLエッジ状態のパターン数が少なく、手順暗記のコスパが良いです。

R U2 R' U R U2 R' U y' R' U' R
Rw' U Rw R' U' R U' Rw' U Rw R' U' R
R U' R' U' R U' R' U y' R' U' R
Rw U' Rw' U2 Rw U Rw' R U R'
R U R' U' R U' R' U2 y' R' U' R y
R U' R' Rw U' Rw' U2 Rw U Rw'

R U' R' U' R U R' U R' F R F'

R U' R' U R U2 R2' F R F'





※他に良い手順があれば教えてください。

  • F2L 35型
 F2L 35というのは、下図のパターンのことです。
F2L 35
 昔はH2などとも呼ばれていましたが、最近は通し番号でF2L 35と呼ぶのが一般的になったようです(algDBもトリボ手順書も通し番号の表記になっていました)
 このタイプのF2LについてはAsatoさんの記事にて紹介がされていますので、そちらをご覧ください。


 本記事の内容はひとまず以上です。発展編の内容は今後いい手順を見つけたら随時加筆・改訂していくかもしれません。

2020年5月13日水曜日

お散歩日帰り旅行記 武庫川沿い福知山線廃線跡編

 11月の紅葉の時期、大阪の都市部からほど近くにある紅葉と渓流を楽しめるスポットということで武庫川沿いの福知山線廃線跡に行ってきました。
 
 11:55にJR宝塚線生瀬駅からスタート。大阪駅からだと11:20ごろに出発すればこの時間に着きます。

生瀬駅にある廃線敷のマップ
マイナーなところなのかと思っていましたが、駅には丁寧にマップが用意されており、道中にも随所に案内看板が掲示されていました。駅から廃線敷の入り口まで1kmほど歩きますが、迷うことはないでしょう。







駅から廃線敷入り口までの道中
15分ほどで廃線敷の入り口に到着。

 武庫川沿い福知山線廃線跡は、JR宝塚線(福知山線)生瀬駅~道場駅間の経路切り替えに伴い廃線となった旧線を行楽用に再整備したハイキングコースです。
 福知山線は開業以来長らくこの区間を武庫川沿いに蛇行する経路で走っていましたが、1986年に高速化のためこの区間をトンネルで貫く現在の経路に変更。旧線は廃線となりました。廃線跡のうち生瀬駅~武田尾駅間の約5.5kmはハイキングコースとして知られるようになり、JR西日本は立ち入りを黙認する形をとっていましたが、2008年に発生した転落死亡事故を契機に一度閉鎖。その後JR西日本によって遊歩道として整備され、2016年に一般開放、現在に至ります。

福知山線廃線敷
住所兵庫県西宮市
アクセス JR宝塚線生瀬駅から徒歩15分、西宮名塩駅から徒歩15分、武田尾駅から徒歩8分
営業日・時間 -
webページ

 正式に整備されたとはいえ、上のような経緯からハイキングコースで発生した事故は自己責任です。注意して歩きましょう。と言っても、ちゃんと道沿いに歩いていればそこまで危険と思われる箇所はありませんが。
 廃線跡の枕木や石はそのまま残されているため、場所によっては足場が悪いです。ちゃんとした靴を履いていきましょう。また、電灯は無いので暗くなる前に帰れるように余裕をもって出かけましょう。

 早速廃線敷を進んでいきます。
 






 大阪の都市部から30分とは思えない渓谷の風景です。水流の音が心地よい。

 しばらく進むとトンネルが現れます。

 
 先ほど電灯は無いと書きましたが、それはトンネル内も例外ではありません。トンネルはかなり長いものもあり、その中は完全に闇です。懐中電灯などを携行していくことをお勧めします。スマホのライトでも十分です(私はこれで行きました)。





 またしばらく進むと鉄橋があります。




 第二武庫川橋梁というらしい。このコースで唯一武庫川の上を渡るポイントです。ここまでは武庫川の左側を歩いていましたが、ここから右側に変わります。

 




 しばらく進むと、”桜の園”という名前で整備された広場に出ます。桜の時期に来てもきれいなんでしょうか?






 そんな感じでハイキングコースも間もなく終点。終点にはトイレと軽食店があります。

 ハイキングコースの終点からJR武田尾駅までは徒歩8分。この駅到着が14:30ごろだったので、2時間半ほどかけて歩いてきたことになります。ハイキングにはちょうどいいくらいでしょう。
武田尾駅前。秘境駅としても有名。
 ここでは電車には乗らずにさらに奥へ進み、武田尾温泉 元湯 の日帰り入浴を利用しに行きます。


 お風呂は混み合っていたようで、受付で名前を伝えてロビーでしばらく待ち。順番になると受付の方が呼びに来てくれます。
 温泉は湯温もちょうどよく、きちんと人数制限をしているおかげでゆったり浸かれてよかったです。

武田尾温泉 元湯
住所兵庫県西宮市塩瀬町名塩4205−1
アクセス JR宝塚線武田尾駅から徒歩8分
営業日・時間 水曜日定休
日帰り温泉のみの利用は土日祝限定
11:00~18:00
webページ

 温泉から上がったら、電車に乗って帰りました。


 夜飯は途中の川西にあるのらやで食べました。



のらや川西店
住所兵庫県川西市美園町1−1
アクセス 阪急宝塚線川西能勢口駅から徒歩8分
営業日・時間 11:30~15:00
17:30~20:00
webページ

以上。